JOURNAL

インド初心者が綴る
ムンバイやインドのこと

  1. HOME
  2. ブログ
  3. JOURNAL
  4. インドの国民的スポーツ【クリケット】
クリケット

インドの国民的スポーツ【クリケット】

ナマステ!ムンバイオフィスのミイです。

先月16日、Mumbai+The India Tea HouseでクリケットのW杯を観戦されたお客様がいらっしゃいました!社長のご友人たちだったのですが、インドではクリケットがとても人気なんだそうです。

日本ではメジャーとは言えないクリケットですが、インド人にとってはどんなスポーツなのでしょうか?今回も社長に聞いてみました。


ミイ
ミイ

インドではクリケットが国民的スポーツだと伺ったんですが、どのくらいの熱量なんでしょうか?

社長
社長

そうですね。まずインド中どこでも、クリケットはみんな子どものときからやります。

クリケット
ミイ

まずやるんですか!男女問わずですか?

社長

はい、まず子どもの遊びとしてあります。なぜそんなに人気あるかというと、例えばテニスみたいにテニスコートがないとできないとか、お金持ちの遊びじゃないんだよね。私が子どもの頃インドに帰ったときは、家の前の細い路地で子どもたちがバット持って遊んだりしてました。あんまり場所もとらずにできるっていうのがありますね。だからものすごく人気です。

クリケットはもともとイギリスのスポーツなんだけど、インドは植民地だったから、そこから入ってきて、昔からイギリス対インドの試合をやっていたり。

今となっては、クリケットの選手はスーパースターです。スーパースターを超えてるくらいスーパースターで、年間の収入もすごいですし、みんなそこを目指したいと思うのね。日本でやってる野球よりも、全然稼いでる。10倍くらい稼いでるんじゃないかな。

クリケット
ミイ

日本の野球界のスーパースターが稼いでる収入を、向こうのクリケット選手は平均的に稼いでるってことでしょうか。

社長

今日本の野球選手の年俸がどれくらいかわからないけど、例えば1億円だったら向こうは10億円なんですよ。日本の10倍なんです。

ミイ

すごい…。中にはもっと稼ぐ人もいるんですかね?

社長

もちろんもちろん。今回のW杯のチームのキャプテンは去年1年で2500万ドル、日本円だと27億円くらいかな?を、コマーシャルだけで稼いだんですよ。

ミイ

CMで!?更にプレーの年俸が…。

社長

はい、別ですから。

ミイ

いろんなCMにも出るくらい人気ってことですよね。

社長

ものすごく人気。もちろん彼らのライフスタイルも憧れだし、子どもたちは彼らのようになりたいって思うんです。

インドはね、1983年と2011年にW杯で優勝してるんですよ。だからみんなW杯のときは燃えるし、特にどことの試合が盛り上がるかというと、インド対パキスタンです。

インド対パキスタン
ミイ

へぇー。それはなぜですか?

社長

やっぱりライバルというか、お互いをすごく意識するのね。両国とも絶対に勝ちたいと思ってるんだけど。四谷(Mumbai+The India Tea House)で観戦したときは、ちょうどインド対パキスタンの試合だったので、私の友だちが皆で応援しましょうってことで。

そのときはまだ四谷でクリケットのW杯を観られる状態じゃなかったんだけど、今はインドのテレビのチャンネルを観られるようにしたので。

ミイ

クリケット以外も観られるんですか?

社長

ええ、ドラマとか映画とかなんでも観られます。だからインドのテレビが観たい方はインディアティーハウスに来ていただければ観られるし、クリケットなどのスポーツも観られるので、ぜひ。

ミイ

ぜひ来ていただきたいですね!

クリケット選手
社長

その先日のW杯の試合は、世界で10億人の人が観たそうです。

ミイ

へえー!10億人!すごいですね。

社長

そして、インドは勝ちました。

ミイ

おおー!盛り上がったんじゃないですか?

社長

もちろん、ものすごく盛り上がりましたね。

ミイ

調べたら、クリケットは試合時間がけっこう長いということで。試合中にお茶を飲んだりするとか?

社長

W杯のときはもちろんそういうのはないけど、もともとの、伝統的な試合は5日間続くの。その間でランチブレイクやティーブレイクがあるのね。優雅なんだよね(笑)

昔はみんな真っ白のユニフォームだったんですよ。すごく素敵だったの。グリーンの芝生の上でプレーして。今はもっと試合時間は短いけどね。

ミイ

私は四谷の件があるまで、クリケットって聞いたことはあってもどんなスポーツか知らなかったんですよ。それで調べて、野球の基になったというのを見て。

クリケット
社長

そうですね。クリケットは平べったいバットなんだよね。だから当たりやすいと言えば当たりやすい。それと野球はバットを上に持つけど、クリケットは下に持つんです。最近は日本でも、少しずつやる人が増えてるって聞いたんですけど。

ミイ

大学のサークルでもあるみたいですよ。

社長

ね。イギリスの植民地だった国はクリケットやるんじゃないかな。植民地じゃないけどオーストラリアとか、ニュージーランド、スリランカ、バングラデシュ、インド、パキスタン、アフリカの国もそうだし。アメリカはあんまりやらないね、アメリカはどちらかというと野球ですね。

インドではサッカーも人気が出てきたけど、今でもクリケットが1番人気。昔、テレビが各家庭になかった頃はみんなラジオで実況を聴いてましたよ。

ミイ

まさに国民的スポーツですね。

応援するインド人
社長

昔5日間試合をやってた頃は、5日間仕事にならなかったですね(笑)会社でもみんなクリケットに夢中で(笑)

ミイ

(笑)じゃあこれから観たい人もそうですし、インド人のお友だちがいらっしゃる方にはぜひティーハウスに来ていただきたいですね。

社長

そうですね!もちろんインド以外の試合も観られるので、ぜひ。


実際どんな試合が繰り広げられるのか、私も試合を観てみたくなりました。日本だと野球が国民的スポーツになるのでしょうか?それともサッカー?

国民のほとんどが夢中になる、かつ子どもの頃から遊んだり、憧れたりするスポーツってなかなかない気がします。

クリケット

クリケットのルールなど、より詳しく知りたい方は、ぜひ下記のサイトなどをご参照ください!
クリケットとは|日本クリケット協会

さて、Mumbai+The India Tea Houseでは、クリケット観戦ができます!貸切も可能ですので、詳しくは店舗までお問い合わせくださいませ。

Welcome Cricket Lovers!
Cheer Your Favorite Team & Enjoy Delicious Mumbai Food!

WelcomeCricketLovers

では、また来月!
【次回は8月5日(月)更新予定です】

関連記事